20200529【インスタライブ】岩下さんと小野裕二さん、岩下兄貴の坊主の真相を語る。

 

2020年5月29日の小野裕二くんのインスタライブに岩下兄貴参上。
岩下兄貴の坊主の真相を語る部分を文字にしてみました。

 

 

岩下兄貴、坊主の真相を語る

(小野裕二)敬輔くんが なんで坊主になったのかっていう・・・

(岩下)なってました?

(小野裕二)はい。ちょっと真相を・・・もうそろそろ時効でいいんじゃないですか?

(岩下)真相はねー。やっぱねー・・・あん時新聞の人とかにも色々聞かれたんだけど・・・鳥栖の番記者の人たちに。

(小野裕二)いろいろな憶測がとんでるんで。

(岩下)あはははは(笑)

(小野裕二)なんかやらかしたんだろ?っていう・・・

(岩下)基本的にはやっぱりそういうキャラだからそこは裏切りたくはないよね。みんなの期待に応えたいし。

(小野裕二)犯罪とかって書いてあるから。やっぱ犯罪はまずいじゃないですか。笑

(岩下)犯罪ではねぇーよ。さすがに。いやもうそれでさ、サッカーダイジェストかなんかがすごい悪意のある「刑務所から帰ってきました」みたいな。

(小野裕二)「出所した」みたいなね笑

(岩下)そうそうそう。そういう書き方されて。まぁいいけどさ。だったら白黒の典型的な洋服を貸してくれよって思うけど。

(小野裕二)(笑)それ着てきたらめっちゃ面白かったですけど。

(岩下)ねぇもうだからさ、真相・・・ま、いっか。あの時・・・それこそ残留決まるか決まらないかのときだよね。

(小野裕二)そうっすね。まあチームは結構切羽詰まってて。

(岩下)だけどその週の週末のゲーム勝ったんだよね。

(小野裕二)勝って・・・どこでしたっけあれ?あれいつでしたっけ坊主にしたの?

(岩下)10月ぐらい。

(小野裕二)仙台とかその辺じゃなかったでしたっけ?もうちょい後か?

(岩下)後よ。

(小野裕二)あ、でも俺ケガしてたから・・・

(岩下)次の1週間空いた・・・何だったっけ?練習試合の・・・

(小野裕二)そう。試合の次の日の練習試合があったんですよ。

(岩下)そう。・・・試合の次の日じゃないよ。練習試合やって。次の日も練習試合で、休みみたいな時だったんだ。

(小野裕二)代表ウイークのときだっけ?

(岩下)たぶんそう。2週間空く時で。今週の練習試合で締めていこうねみたいなときで。その練習試合1日目終わって2回目の練習試合の時に、俺と健志と夢生と3人で遅刻したんよ。

(小野裕二)別々でね。

(岩下)そう。全然もう前の日も一緒に飯行ったりとかも何もしてなくて、同じ日に遅刻したんだよね。で、練習試合のタイミングの時にちょっと前に着いて、前の日に夢生とか健志とか出てたからもうリカバリーだけですみたいな感じになってて。その2人はさ、怪我もしてなかったし試合もリーグ戦も出れるし。頑張って普通にその前の勝った試合も活躍したんだな。で、俺ケガしてるし遅刻してどうしようもねえなってなって。ロッカールームでもうそのままトレーナーさんとドクターの人にバリカンでやってもらったんだ。めちゃくちゃ髪長かった次の日にいきなり坊主で、裕二たちが爆笑して。

(小野裕二)いやいや爆笑するでしょ。

(岩下)いやいやほんとお前らひどいよ。

(小野裕二)練習の1時間前くらいにさ、みんな来るじゃないですか。集合みたいな。

(岩下)しかも俺いつもめっちゃ早いじゃん?

(小野裕二)早かったら2時間前ちょっとぐらい前にいるからさ。逆になんか電話しても全然出ないからさ。始まる前になって誰かが気づいて、あれもしかしたら遅刻・・・寝坊かな?とか言って電話しても全然出なくて。いよいよ練習試合始まるよってみんなもベンチでまだ来てないの?って。

(岩下)あはははは(笑)

(小野裕二)でももう来てたんですよね?試合の前ぐらいに。

(岩下)来てた来てた。

(小野裕二)でも雰囲気的に今行ったら・・・

(岩下)そう。そのまま出てってすみません!みたいな感じだとちょっと緩くもなっちゃうかなみたいなのもあったし。そういう感じも良くねぇーだろうなみたいなのもあって。

(小野裕二)あん時だってベンチで試合始まっても全然来ないから、いよいよそれこそ事故とか事件に巻き込まれたんじゃないかって。笑

(岩下)えへへへ笑

(小野裕二)で、試合終わってロッカー帰ったら坊主の敬輔くん・・・笑

(岩下)みんな爆笑してるしさ。やっぱさすがに監督とかその辺もみんなちょっと怒ってんだろうなと思ってたら「どうした?」みたいな。「そこまですることなかったのに。」みたいな感じで言われて監督にも。「なんかそこまでさせて悪かったね。」みたいな感じで。大変だったよ。

(小野裕二)いやいやマジでおもろかったですよ。あれは。笑

(岩下)面白くないよ。マジで。

(小野裕二)(笑)だって絶対やらない人がさ・・・

(岩下)ほんとよ。しかもその1週間前に石川と石井に「お前らね、試合になかなか絡めないこの状況で、練習試合とかそういうのでやっぱり結果を残していかないとこの状況変わんないよ」って。「残留もある程度見えてきてやっぱり練習試合で1個1個結果残すっていう風にしていかないと駄目だから。」って言って石川と石井に坊主をかけて・・・

(小野裕二)毎試合やってたですもんね。練習試合で。

(岩下)そうそうそう。アシストかゴール決めなかったらお前ら坊主にしないとダメだからって。その代わりゴールしたら飯連れてってあげたり色々ボーナスが発生したりみたいな話はしてて。で、その1週間前に石井は坊主になったのかな?

(小野裕二)そう。石川はなかなかしなかったけど。やっぱ1年目の若手だったからさ、クラブハウスの掃除とかさ風呂掃除とかさ・・・最初1ヶ月に1回とかでいいよって言ってもそれもやんないからさ。2週間に1回やれって言ってもその次の週ぐらいからまたやんなくなって。お前ナメてんだろ?ってそういうのもあって・・・やれって言ってたんだよね。やれって言ってたのに自分が遅刻して・・・笑

(岩下)自分が遅刻するもんね・・・こりゃするしかないでしょ?って坊主しちゃったもんね。坊主、高校時代もやってたけどさぁ、やっぱり伸びてくるまでの過程の1番辛さ。

(小野裕二)それがちょうどキャンプの時ですもんね。

(岩下)キャンプん時もヤバかったけど・・・坊主にして1、2週間後に免許の更新があったの。(笑)

(小野裕二)そうだ(笑)

(岩下)それで俺5年間だから次。その後に冨安んとこにイタリア行くからって言ってさ、パスポートの手続きも行かないといけないってなって。パスポートも免許も全部坊主だからね。笑

(小野裕二)(笑)パスポート10年でしょ?

(岩下)そうよ。10年坊主だから。やべーよ。

(小野裕二)(笑)免許5年でしょ?

(岩下)ほんとに・・・地獄だぜ?あれ。

(小野裕二)ズラ被ったらよかったじゃないっすか。

(岩下)いやほんとにそんくらいしたかった俺は。マジで。ほんと辛かったなぁー。どんだけ頑張ってもドーピングできないからさ。髪の毛なかなか伸びないし。

<終わり>

 

・色々気遣う岩下兄貴が岩下兄貴らしいというか。
・色々な憶測=犯罪(笑)岩下兄貴らしい。

耳コピですみません。意味が違っているところなどあったら教えてくださいー。

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

icon-meh-o 本日も当ブログを見て頂いてありがとうございます icon-meh-o
icon-twitter-square @showchan365
icon-instagram @showchanda

このブログには有益な情報や戦術に関することは全く載っておりませんのでご了承下さいませー。

 

 

人気のタグ

-GAMBA OSAKA, J_LEAGUE DIVISION1, 書き起こし
-, , , ,

© 2020 ゆるりと観戦日記365 by.Showchan